糖尿病の合併症について

糖尿病の合併症はいずれも血管障害を伴っているもので、毛細血管を中心に生じる“細小血管障害”と太い血管に生じる“大血管障害(動脈硬化性血管障害)”とに分類することができますが、糖尿病の3大合併症と言われる“糖尿病性網膜症”、“糖尿病性腎症”、“糖尿病性神経障害”はいずれも毛細血管を中心に生じる“細小血管障害”で、糖尿病にかかって10年前後経って発症します。

 

“糖尿病性網膜症”は、網膜の毛細血管が長期間血糖にさらされることが原因となって破れて出血したりするもので、初期には症状はありませんが次第に目のかすみや視力障害などが起こり、放置すれば網膜剥離が起こって失明してしまうこともあります。

 

“糖尿病性腎症”は、高血糖が原因となって血管の内側にある内皮細胞がもろくなったり血液をろ過する膜に異常が起こってろ過機能が破たんしてしまうもので、これによってたんぱく質などが尿に混じって体外に出て血中のたんぱく濃度が下がり、むくみや高血圧、さらには腎不全や尿毒症に移行してしまうこともあります。

 

“糖尿病性神経障害”は、高血糖が続いて毛細血管に障害が起こって神経に十分な栄養が行きわたらないことが原因となって発症する病気で、温度や痛みを感じる感覚神経や手足を動かす運動神経、さらには体内の自律神経にも支障をきたすことがあります。

 

また太い血管に生じる“大血管障害(動脈硬化性血管障害)”には、糖尿病によって傷つけられで起こった動脈硬化が原因となって発症する心筋梗塞や脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などがあり、“細小血管障害”とは違って糖尿病予備軍と呼ばれる段階で症状はじわじわと進行し始めます。

 

中でも脳梗塞は、糖尿病がない人の2~4倍の発症率で、若い年代での発症も多くみられます。

高血糖を改善しよう

人間が生命活動を維持する上で大切なエネルギー源の1つ“ブドウ糖”は、血液中のヘモグロビンが運んできてくれた酸素によって燃焼してエネルギーを生み出しています。

 

膵臓の細胞から分泌されるホルモンの“インスリン”は、血液中のブドウ糖を筋肉や脂肪細胞に送り込んでエネルギーに変換させ血糖を下げる作用をつかさどっていますが、このインスリンの作用が低下すると、利用されないブドウ糖は血液中に大量に残ってしまいます。

 

このような高血糖が慢性的に続いてしまうのを糖尿病と言い、糖尿病の人はそうでない人に比べると2倍も高血圧になりやすく、同様に高血圧の人は高血圧でない人に比べると2倍も糖尿病になりやすいと言われます。

 

糖尿病も“サイレントキラー(静かなる殺人者)”の1つで、自覚症状がほとんどないまま、血液中に長期にわたって糖が存在することで血管をじわじわと破壊してしまうために、この二つの疾患が組み合わさるとさらに血管に大きなダメージを与えることになります。

 

高血糖を改善するには、肥満や高血圧、高脂血症と同じで運動療法と食事療法をベースにして高血糖の状態をできるだけ短くすることが大切です。

 

たとえば食事療法では、納豆などの豆類や食物繊維を多く含む玄米や寒天、海藻サラダや、酢の物、南蛮漬けなどの酢を使った食品、レモンやかぼす、ライムなどの柑橘類、チーズやヨーグルト、牛乳などの乳製品を食前に摂取して食後の急激な血糖値上昇を抑えることを心掛けるようにしましょう。

 

また、医師の許可があれば早歩きやサイクリング、ジョギング、水泳など全身を使う有酸素運動を食後1時間くらいに行う習慣をつけることも、インスリンの分泌をうながすことにつながります。

高脂血症を改善しよう

“高脂血症(脂質異常症)”は、遺伝子の異常や甲状腺機能亢進症といった他の病気に伴って発症するものもありますが、その殆どは生活習慣の乱れが原因となって発症しています。

 

そしてこの病気が怖いのは、自覚症状がないままに徐々に悪化して行き、突然動脈硬化を引き起こすという点で脳出血や狭心症、心筋梗塞、腎不全、さらには大動脈瘤破裂や閉塞性動脈硬化症などの重篤な疾患の原因となっています。

 

“高脂血症(脂質異常症)”の改善にも、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的で、適度な強さの運動量を維持させることで血液中の中性脂肪を減らしてHDL(善玉コレステロール)を増やすと言われています。

 

ちなみにLDLコレステロールが肝臓から全身の組織の隅々へコレステロールを運ぶのに対し、HDLコレステロールは全身の組織のすみずみの血管壁にたまったコレステロールを抜き取って肝臓へ運ぶ仕事をしています。

 

そのためにLDLコレステロールが増えると血管壁にもコレステロールがたまって動脈硬化を促進することになります。

 

これまではLDLコレステロール(悪玉コレステロール)だけが注目されがちでしたが、最近ではHDLコレステロールとLDLコレステロールの値のバランスが大切だと言われるようになりました。

 

これは脂質バランス(LH比)と呼ばれているもので、動脈硬化性の疾患を防ぐには≪LH比=LDL値÷HDL値≫で算出された値が2.0以下、他にも生活習慣病を持っている人やこれまでに狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を発症したことがある人の場合には、1.5以下を維持する必要があります。

高血圧を改善しよう

高血圧は、現在ではかなり一般的な病気で怖いというイメージをもっていない人が多いのではないかと思いますが、高脂血症や糖尿病同様に自覚症状がほとんどないままに徐々に血管がむしばまれていく病気で、“サイレントキラー(静かなる殺人者)”とも呼ばれています。

 

また、肥満の人の高血圧の発症率は標準体重の人の2~3倍も高いのですが、比較的ゆっくりと酸素を取り込みながら行う有酸素運動によって減量することで、1㎏あたり約2mmHg血圧が下がることから、無理のない範囲で継続することによって高血圧の改善が期待できると言われています。

 

というのも、人の体内にはりめぐらされている血管は約10万Kmで、これは地球を2周するほどの長さなのですが、体重が1㎏増えるごとに血管はさらに2kmずつ伸びるとも言われていて、肥満の人の心臓は血液をすみずみまで行きわたらせるために普通の人よりも血管に大きな圧力をかけなければなりません。

 

たとえばホースで散水する場合、ホースの長さが長くなればなるほど水を送り出す際には水圧を高めなければなりませんが、私たちの体も同様で体のすみずみまで血液を行きわたらせるために、心臓や血管は大きな負担を強いられることになります。

 

ところで、血液中にはいつでもすぐにエネルギーとして使えるように絶えず脂肪が流れていて、エネルギーが必要になるとまず血液中の脂肪が使われ、次に筋肉中の脂肪が使われます。

 

そして血液中の脂肪を使い切るまでに平均20分かかり、20分を超えた時点あたりから内臓脂肪や皮下脂肪が使われ始めるので、減量には30分以上の有酸素運動が効果的だと言われます。

内臓脂肪型肥満を改善しよう

糖尿病や高脂血症、脳梗塞、心筋梗塞、脂肪肝などを引き起こす“内臓脂肪型肥満”は腸間膜などに脂肪がたまったもので、男性に多く体がリンゴのような形になることから“リンゴ型肥満”とも言われていますが、見た目はスリムな人でも実際に検査を受けてみると内臓脂肪型肥満という結果がでることも多いことから、“隠れ肥満”と呼ばれることもあります。

 

へその位置で計ったウエスト周りが、男性は85cm以上、女性は90cm以上あると“内臓脂肪型肥満”という診断が下されますが、この状態は食生活を改善したり運動をすることによって比較的簡単に解消することができます。

 

まず食事療法では、自分の体重と身長から1日に必要な最小エネルギー量≪標準体重×体重1㎏あたりの必要エネルギー≫を計算して、食事によって摂取するカロリーをそのエネルギー量よりも少なくするようにします。

 

“標準体重”は≪身長(m)×身長(m)×22≫、また“体重1㎏あたりの必要エネルギー”は≪部屋の中での軽い運動量:25kcal/普通の運動量:30kcal/重労働:40kcal     ≫として計算します。

 

糖分や脂肪分の高い高カロリー食を少なくして、一日三食をバランスよくきちんと摂り、甘いものやアルコールは極力控えて、ウォーキングやジョギング、サイクリング、エアロビクス、水泳などの有酸素運動を毎日30分程度生活に取り入れるようにしましょう。

 

ついてしまった体脂肪を燃焼させるには、筋肉を動かして酸素と一緒に燃やす有酸素運動が最も効果的だと言われています。

高血糖の二次的問題

血液中のブドウ糖は私たちが生命活動を維持するために必要なエネルギーで、脳や内臓、筋肉には欠かせないものです。

 

健康な人の場合には、食事によってブドウ糖が摂取されることによって一時的に血液中の血糖値は高まりますが、しばらくすると体中の細胞に送り届けられるために下がってきます。

 

このようなしくみには、“インスリン”という膵臓から分泌されるホルモンが大きく関わっています。

 

インスリンは、ブドウ糖をエネルギーとして利用するために働くホルモンで血糖値を下げる唯一のホルモンであるとも言われていますが、不足すると利用されないブドウ糖が血液中に増え続けて、高血糖状態が慢性的に続いてしまいます。

 

“メタボ(メタボリックシンドローム)”の1つ“高血糖”は、インスリンの作用が不足して血液中のブドウ糖(:グルコース)が必要以上に増加してしまっている状態のことをいい、糖尿病や膵炎、甲状腺疾患、さらには肥満、運動不足、ストレス、過食などでも血糖値が上昇することがありますが、糖尿病では高血糖状態が続いても自覚症状があまりないことから放置して重篤な合併症を引き起こすこともあります。

 

血液中にブドウ糖が長期にわたって存在することによって、血管は徐々に破壊されます。

 

糖尿病の3大合併症と言われる“糖尿病性網膜症 、“糖尿病性腎症”、“糖尿病性神経障害”はいずれも血管障害を伴っているもので、このことから糖尿病は血管の病気であると言う人もいます。

 

また糖尿病は遺伝的要素の強い病気であるために、家系に糖尿病患者がいる場合にはその危険性を認識して予防することが大切です。

高脂血症の二次的問題

“メタボ(メタボリックシンドローム)”の1つ“高脂血症”は血液中のコレステロールや中性脂肪の値が必要以上に多くなった状態を言います。

 

コレステロールはホルモンや細胞膜を作る際に必要となったり、脂肪の吸収を助ける役割を果たしたり、また適度な量の中性脂肪はエネルギー源としてなくてはならないものですが、増加しすぎると動脈硬化を引き起こして脳では脳梗塞や脳出血を、心臓では狭心症や心筋梗塞を、腎臓では腎硬化症や腎不全を、そして血管では大動脈瘤破裂や閉塞性動脈硬化症といった重篤な疾患を引き起こします。

 

この病気は別名を“silent disease(静かなる病気)”とも呼ばれるように、値が異常に増加していても殆ど自覚症状が現れないという怖さがあります。

 

このような“高脂血症”を改善するには、食事療法と運動療法とを並行して行うのが良いとされています。

 

食事療法ではまず食べる量を適正にして、コレステロールを下げる作用のあるオリーブオイルや魚類などの不飽和脂肪酸の多い食品や、コレステロールの吸収を抑えて体外への排出を促す食物繊維、コレステロールの酸化を防ぐビタミンCやE、カロチンを多く含む食品を摂るようにし、飽和脂肪酸を多く含んでいてLDLコレステロールを増やすバターやチーズ、生クリームなどの動物性脂肪の多い食品を控えるようにしましょう。

 

運動療法では有酸素運動が効果的で、適度な量を長期間継続的に行うことで善玉のHDLコレステロールが増え、心血管系の疾患を予防することができると言われています。

高血圧の二次的問題

“メタボ(メタボリックシンドローム)”の1つ“高血圧”は、日本人の4人に1人、50歳以上では2人に1人がかかっている一般的な病気として知られていますが、自覚症状があまりないままで徐々に血管をむしばんでボロボロにしてしまうことから、別名を“サイレント・キラー”と呼ばれています。

 

高血圧が原因となって起こる“高血圧性心不全”というのは、30代から40代の働き盛りの人にも起こる病気で、血圧の高い状態が長期間続くことによって心筋が肥大して拡張障害がおこったり、左房から左室に血液が流れにくくなってしまったり、心筋自体にも血液が行きわたらなくなって酸素不足から収縮障害が起こることもあります。

 

また拡張や収縮といった機能に影響を及ぼすだけでなく、心房の入り口にある血管や肺静脈に圧力がかかった状態が続くことによってそこから異常な電気信号が発生して心房細動という不整脈が引き起こされることもあります。

 

ところで、年間1万人以上の人が冬にヒートショックを起こして心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などで亡くなっています。

 

これは暖房のきいた暖かい部屋から寒い廊下やトイレ、浴室などに移動することによって血管は熱を奪われまいとして収縮して血圧が急上昇し、さらに湯船につかって温まることによって今度は血管が広がって逆に血圧が急激に低下してしまうのが原因で、めまいやふらつき程度で済むこともありますが、上下の幅の大きい高血圧の人の場合は失神や心停止を起こすこともあるこわいものです。

 

特に高血圧の人は、冬場には部屋をあらかじめ暖めて温度差をなくしておくなどの対策が必要です。

内臓脂肪型肥満の二次的問題

“メタボ(メタボリックシンドローム)”の1つ肥満には“皮下脂肪型肥満”と“内臓脂肪型肥満”があって、CTで撮影した画像を見ると“皮下脂肪型肥満”の方は腹筋の外側に脂肪が溜まって分厚くなっていますが、“内臓脂肪型肥満”では腹筋の内側にびっしりとついて内臓を取り囲んでいるのが分かります。

 

これは、“満腹になるまで食べる”、“緑黄色野菜の摂取量が少ない”、“甘いものを摂り過ぎる”、“間食や夜食が多い”、“いつも車を使う”、“タバコの量が多い”といった食生活の乱れや運動不足、喫煙などが主な原因と言われています。

 

禁煙すると太るというのをよく聞きますが、これは喫煙でおかしくなっていた味覚が戻ったり、体の機能が正常になることで食事の量が増えたのが原因となっていることが殆どで、逆にタバコを吸うと副腎皮質から分泌されるストレスホルモンや性ホルモンが影響を受けて内臓脂肪がつきやすくなりメタボを悪化させてしまうということが分かっています。

 

“内臓脂肪型肥満”では脂肪細胞の量や質に異常が起こって糖尿病や高脂血症、冠動脈疾患、脂肪肝などといった合併症を引き起こしやすいと言われています。

 

私たちの体の中でホルモンを生産して分泌する臓器を“内分泌臓器”と言いますが、脂肪組織は生体最大の内分泌臓器で、エネルギーを蓄えたり外界の温度変化から体を守ったり、衝撃から内臓を保護したりするだけでなくホルモンを作って分泌しています。

 

このホルモンの中には動脈硬化になりやすい物質を増やすものもあり、脂肪の量が増えることによって分泌量も増えてくるのです。

 

また、脂肪が門脈から肝臓に入って質的な異常を起こすと脂肪肝になります。

メタボリックシンドロームについて

“メタボ”という言葉で広く知られるようないなったメタボリックシンドロームは、肥満(特に内臓脂肪型の肥満)や高血圧、高脂血症、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病の2つ以上の症状がある場合を言い、中でも肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病の4つは“死の四重奏”とも呼ばれています。

 

これは、1989年にアメリカの医師が弦楽四重奏をもじってつくった言葉で、この4つの病気が動脈硬化を引き起こして脳梗塞や心筋梗塞といった死を招く病気につながる可能性が高いと考えられています。

 

メタボリックシンドロームの診断基準は、日本とアメリカや世界保健機構(WHO)ではやや異なっていますが、日本ではへそ周りの腹囲が≪男性:80cm以上、女性:90 cm以上≫を“肥満”、血圧が≪最高130mmHg以上、最低85mmHg以上≫のいずれかまたは両方の場合を“高血圧”、≪中性脂肪:150mg/dl 以上、HDLコレステロール:40mg/ dl未満、LDLコレステロール:140mg/dl以上≫のいずれかまたはすべての場合を“高脂血症”、そして≪空腹時血糖値:126mg/dl 以上≫の場合を高血糖とされ、メタボリックシンドロームの段階で生活改善や治療を開始する必要があると言われています。

 

医師から数値的な異常を示されてメタボリックシンドロームという診断を下されても、これらの症状には自覚症状が殆どないことから、つい甘く見られがちですが、何の対策もしないで放置しておくと、体内では血管の機能低下や血液の汚れなどがどんどん進んで動脈硬化が進行し、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患にかかる危険性が正常な人の何十倍も高くなるので気を付けなければなりません。